孤島の鬼

日々の備忘録。文章表現、感情表現の練習の場です。更新はなるべく毎日・・・

富豪刑事

Amazon Prime富豪刑事視聴。第一話。深田恭子がとにかくかわいい。原作は筒井康隆深田恭子は個人的には演技が何をやっても深田恭子。これは木村拓哉も同じでだからと言って下手というわけではないんだけど。しかし肌つやつやだなあ。年を取るほどに魅力を増してるけど、若いころは若いころでなかなかどうして。自分がおっさんになってくると、こういった若さが眩しく見えるようになるね。

西国立志編、または自助論

 サッカーの本田圭介氏も読んでるという表題の作品。昔の人は環境が悪い中でとにかく一生懸命頑張っていたとう話がエピソード交じりに説明がある。強調されるのは成功者は特別な才能があったわけではなく、ただひたすらに努力を積み重ねた結果である。ということ。時に厳しい環境下で当人の代では成功を掴むことができなかったが、未来が評価した人物についても言及されていることも特徴だ。

 「天は自ら助くる者を助く」がこの本のテーマ。タイトルもself helpから自助論と訳され、その内容から西国立志編となっている。でもよくよく考えると先ほど書いたように、当人の代では評価されなかった人物にもスポットがあてられているので、天、助けてくんねーじゃん!という気にはなる。まあまだ4分の1程度を読了したところなので、今のところは個人の真摯な態度での努力がとても重要、というタームでこれから周りの人の助けも必要になるんだよ。という論理展開がされていくのかな。

 

11枚のとらんぷ

 泡坂妻夫「11のとらんぷ」読了。なかなか軽い読み応えだが、軽妙でユーモラス。劇中作の出来も非常にいい。10番目の殺人がさらっと流されたりするが、途中に差し込まれる奇術の説明でシンプルに見せる、という説明でなんとなくそんなものか、と思わせてしまうのでなかなかすごい。

 これがデビュー作なのだからすごいよね。しかし、どうもさらっとしすぎている気もする。もう少しドラマチックであっても良いのかもしれない。まあ好みの問題のレベル。読みやすさもあり、サラサラ読めてしまうが、登場人物がそこそこ多いので、序盤の劇が楽しめるかで評価分かれるかも。序盤と後半でキャラクターが少し変わって見えたりするんだけども、舞台自体も変わるのでそんなものかな?と思わせる。

 晴江さんががんがんビールだすのとか、序盤にイメージしていたキャラクターからいい意味で裏切られて面白かった。桂子も同じようなイメージ。背が高いことにコンプレックスを持ってる?というイメージだったが、世界大会編ではのびのびしてる上に妙なロマンスもあり、なかなか楽しい。このキャラクターで続きが読みたいところだ。

 ラストの決着の付け方は少し肩すかしかな。まあ良い余韻でもあるんだけど。

 

 

 

仕事が早く終わった日には

 

趣味の読書をするのです。と言うわけで今読んでいるのは泡坂妻夫の11枚のとらんぷ。アマチュア奇術集団が、事件に巻き込まれるんだけど、まだ自分たちが行っているショーが終わったところ。ショーのラストで、メンバーの中で一番魅力的な、そして謎の多い美人が姿を消す。背表紙に書かれたあらすじでは、この人がころされちゃうみたいなのだが、はてさて。

昔読んだ清涼院流水彩紋家事件であったのはこれのオマージュでしょう。と思いだしたが、彩紋家事件自体もすごかった。二度と読み返したくない作品で、どうしてこんな作品世に出しちゃったんだろうと思うこと請け合い。ただただ、文章を長くかけることにもある種の才能がいるのだ。

本は長く読もうにも途中で集中力が落ちてしまうので、休み休み読むのが良いということに最近気が付く。この方法なら毎日短い時間でちょこちょこ読むことが可能なのです。

さて、音楽の話。ちょっと前から気になっていた声優の上坂すみれ、通称すみっぺのCDを聞く。20世紀の逆襲と革命的ブロードウェイ主義同盟の2作。

昔から単純にかわいいなあと思っていたが、ロシア文学(というかロシア?)に傾倒していることや、僕の大好きな大槻ケンヂとの絡みもあったりで興味を持っていたのだが、パララックスビューなど特撮のNARASAKIが楽曲提供していたり、親和性も高かったので今回聞いてみる。まだ聞いていない。革命的・・がファーストアルバム、20世紀の・・がセカンド。今サードアルバムまで出ているみたいだから、これもおいおい聞いて行こう。

 

仕事で文章を作成することもあるのだが、結構苦手。昔は作文とかうまくてほめられたものだが、仕事の文章になると、どうも論理的構成などを気にして筆が進まない。実際のところ、構成を書いてから書いては消し、書いては消しを繰り返した方が良いものができるんでしょうが。

構成を考えるところからキッチリ練っていかないと、最後まで続かないなあ。遅筆と言うか、完成までも言ってないから、そのレベルですらないのですが。

このブログは思うままにキーボードをたたいているのであまり構成なんかは考えずに、頭から出てくる言葉をそのまま文章にしているのでまだすっとかけるが、それでも10分くらいかかるので、毎日の更新となると、結構面倒。

さあ、読書でもするか。

イライラ

今日は本当は嬉しいことがあって、仕事もそこそこに早く帰って家族と団らんしていたが、まあしんどいしんどいという妊娠中の嫁。かわいそうに、洗物をしてあとは早く寝なさいと言っても、風呂に入るのがしんどいと、ぐずぐず。まあそれは仕方ないとわかっているのですが、じゃあ俺が先に入ってもいい?と聞くとそれは、ちょっと、とのこと。いや、俺も疲れてるから、早く風呂に入りたいんだけど、それは嫌みたい。ただのわがままだと思うが、子どもを人質にとられているようなもんで、またホルモンバランスが崩れているから、とちょっとでも嫌な態度を取ると鬼の首を取ったように、だから男性には理解できない、ああ出産に対して理解のない旦那だ、と袋叩き似合う。嫁の連れ子は基本的に母親の味方なので、母親がわがままを言っていても、内容なんて聞いちゃいない。まあ内容を精査できるような年齢でもないが。

しんどいなら風呂にさっと入って寝といてくれ、と思うが、風呂に入れないぐらいしんどい、食器洗いなんかも手伝うよ、と言うと一応、いいよ、って言うがあそう。とこっちが引くと、まあそのあとため息ばっかり、もういい加減こちらもストレスがひどい。

また何が腹立つって昼間は元気ならその間にできる家事をやってくれっていうこと。最近は夜の食事の準備も実家に頼って、みそ汁と米を炊くぐらいしかやってない。あと一品作ったり。まあそれはそれで感謝しているんだけど、毎週末になると彼女の実家に行って、彼女自身はぐてーっと寝たままで俺はほったらかし。そりゃ彼女は楽だと思うが俺だって気づまりする。いい加減本当にほっておいてほしい。

ささいなことでイライラしてしまい自己嫌悪。子どもがで着てうれしいのだが、やはり母親の態度が失礼極まりない。しんどいか知らんけど、声掛けがない、ちょっといい?だの断りを入れることが基本ない。これやってだの、なんだのさも当然のように言ってくる。世の中には、実家から30メートル以上離れていて、毎日食事を作ってて、家のこともうまくやっている奥さんもいるんだろうが、うちの嫁はあまりにひどい。これがまた初産ならわからんでもないが2人目出し、30も半ばなんだから、いい加減人間として成熟、落ち着いて欲しい。

久々の休日

子どもがいると、会話が子ども中心になる。子どもは周りの話をあまり聞こうとせず、自分が関連していない事項についても、口を挟まずにはいられない。無視するわけにはいかないし、(時々はちょっとお父さんとお母さん話してるからだまっててちょうだい!とか、順番だからちょっと待って、同時に話さないで、とたしなめることもあるけど。)自然と子どもが会話の中心になる。それだけではなく、子どもにはちょっと聞かせたくない話もあるけど、狭い家の中では会話が筒抜けで、それでなくても好奇心旺盛な子どもは親がどんな話をしているか、聞き耳を立ててくる。お金の話や、子ども自身の教育のこと、遊び方やお友達との付き合い方に問題はないかな?ちょっと心配な部分があるけど、お母さんどう思う?みたいな話の場に子どもがいてはちょっと都合が悪い。だから、子どもがいてないところでゆっくり時間とって話をしたいな~と思うことが多かった。

で今日。子どもがキャンプで1泊2日。朝からずっといない。となるとこれまで積もった話を、と思うんだけど、特に話すことが、ないんだよなあ。。。子どもの前では、これは言わずに我慢しておこうと思ったことも、じゃああらためて話すか、となると過ぎたことだし、もういっか。ということになる。今も僕はこうやってブログを書いていたり、読書をしたり、ベースの練習をしたり、自分の時間を満喫しようとしている。嫁とは特に仲が悪いわけでもないけど、子どもがいない時ぐらいはお互い自分の時間を大事にしましょう、という感じだ。こういったことを、嫁に対して話したわけではないので、コンセンサスが得られているかというと少し不安なところもあるのだが、まあそんなものだろう。口に出してしまうと、そんな風に思わないでよ、と言わざるを得ない雰囲気を作ることになるし、難しいところだ。でも、少なくとも僕は、嫁さんに対して、それ相応の気を使っているということは、こうやって気持ちを書き出してわかった。この気の使い方が、嫁さんにとってありがたいことなのか、さみしい思いをさせているのか、僕にはわからない。だって言葉で交わしてないんだもの。どこまで行っても自分は自分の中の嫁と対話しているだけで、現実の嫁から目を背けている?と言われても仕方がないのかもしれない。

でもさ、お昼ご飯を食べたら夫婦で散歩に行くし、夜はちょっといい店予約してディナーに行くんだぜ?ならいいじゃない、という気がしないでもない。まあ距離感が難しいですな。

故事成語大好きおじさん

最近はブログの更新が止まっていました。仕事が忙しくてばたばたしているとなかなか更新の機会が止まりますね。普段から仕事をためずになる早出処理しとかないとなあと、反省。突発的なことが起きた時のバッファとして普段から早め早めに処理するようにしておかないと。

さて最近更新できてない間、その分は積極的に休みを取っていたので、頭で考える時間はありました。正直、今の自分は、今の自分に納得をしていなくて、漠然と人生変えたいなあ、という思いがあります。どう変えたいか、を自分なりにしっかり考える必要があります。目標を具体的にしていく必要がありますが、それにあたって、自分は何が好きか、ということをなんとなく考えていました。

以下、自分の好きなことをつらつらと書き連ねます。

まずナルシストっぽいですが、運動して筋肉がついてる感じが好きです。なので筋トレ。見た目を整えるのと、健康的であるので非常に良いです。服もに合うようになるだろうしね。

ビジネス関連。これ結構大きいんだけど、いわゆる自己啓発本とか好きです。やる気が出るから。あと本当に無駄なことをやりたくない。効率よくやりたい。なぜなら仕事があまり好きでないから。どの職業にも求められるスキルと、その業界特有の知識、スキルなどの能力を分けて意識的に身に付けることが大事だと思っています。今は前者に偏り過ぎかな。

あとはスーツや文房具とか仕事に使う道具類ですね。なんか好きです。

音楽。プログレ大槻ケンヂですね。あと自分でベースを弾いたりしているのでその練習とか。

あとは読書。ビジネス書読んだりで忙しいんだけど、推理小説司馬遼太郎が今のところ面白いかなあ。推理小説は昔から好きで良く読んでたけど、最近はやや食傷気味。またミステリオールタイムベストとかの作品を読んでいくかなあ。金田一少年の事件簿とか、推理小説に加えて探偵漫画収集するのも良いなあ。100分で名著も良い感じ。

あとは映画。半分教養ですよね。見た数の分だけえらいみたいなね。それが良いかは置いといて名作映画は目を通しときたいんだけどなあ。

仕事、運動、音楽、読書、映画。うーん。映画はあんまりかなあ。自分の時間で進められないのがちょっとつらい。

あ、タイトルに全く触れてなかった。色々考えているうちに、俺って、故事成語、好きだよなあ。と思い当たることがあったので、それを書こうと思っていたんですが、変わってしまいましたね。この話はまた次回ということで。